SHIINBLOG

プロジェクトadhd ノビ子の挑戦

ADHDでも社会で上手に生きるために色々なアイデアをひたすら試すブログ。ADHDの有益な情報交換の場になればいいなと思います。昨日よりもうまくいく1日に!http://www.adhd-world.com ご連絡はこちらまで!nobinobiko2@gmail.com

死ぬまで切替えられないんだろうな

ここ最近ずっと悩んでいました。

自分の性格や特性に振り回され、できない事の工夫を考えたり、

毎日がもっとうまくコントロールできたらどんなにいいかという

考えにとらわれていました。

「頭の中にすごく精密な測定器があって些細な事ですぐ針が

 振れきれてしまう感」

あるいは、、

「シーソーがあってどうやっても水平を維持できない感」

そんな感覚がいつもあります。

たとえば、、

【いつも困る事】

・切り替えができない

(ほかのこと考えたいのになー、またTV見れなかったー)

(みんなとお昼たべたかったのに。。)

・こだわりが強くてやめられない

(もう1回やればできるって思うからやっぱりやめられない)

・練習や勉強、調べものを長時間やりすぎて具合が悪くなる

(わかっているのにやめれない、毎回あーあと思う)

・完璧主義でいつも気が休まらない

(自分が納得できないと考え続けてしまう、やり続けてしまう)

・時々恋愛や遊びに臆病になる

(仕事や勉強ができなくなったら??どっちも適当になったら?)

 

自分で自分に疲れてしまって、、気楽に上手に息抜きしたり

色々な事を同時にできる人をとてもうらやましく思ったり。

こういう苦手のせいでたくさんのチャンスを逃してることを

考えたり。この先もずっとこうなんだろうかと思ったり。

 

切替え上手になる方法を考えたり、調べてみたり。

でも、、同じようなアドバイスばかりで。。

・服を着替えてみるとか

(毎日着替えてるよ、帰ったらすぐに)

(着替えてる間も引き続き考えてます)

・時間を区切るとか

(すごく苦手!音も聞こえない。呼びかけもたまに聞こえない)

・明日やることを今日確認して終わりにするとか

(これはちょっといいなと思ったですが)

 

 

だけど、、

・・・・・・・・・

なんだろうなー!!!!違うんだよなー><!!!!!

要するに「こういう事が出来てたら困ってない」って思う。

これは「切替できる人」が書いたんじゃないかって思っちゃう。

もっともっと根本的なことな気がする。

で、、検索はあきらめ自分なりのアイデアをひねってみる。

完璧主義を日常と共存させたいけど、どうしたら??

色々試してみて、、(割愛)結局体調を崩す。

 

 

疲れ切ってしまい、、思ったこと。

「やっぱり無理」

なんで自分自身に、これ(特性)にこんなに振り回されてるのか。

自分のしっぽ追いかけてる犬みたいな真似をもうやめたい。

 

【結論】←一応出てきた、多分もう終わりたかった笑!

特性や気質は直せないから直さない。時間がもったいないから。

直せない事もある。

 

 

特に「子どものころから特徴的だった気質」はきっと変わらない。

気に入らないことがあると壁に頭を打ち付けてた子どものころと

納得するまで切り上げられない自分は全然変わってない。

やることが「切り上げない」になっただけ。

長所は短所だという考え方でいけば絶対的短所は絶対的長所。

 

・切り替えができない

→1つのことに夢中になって没頭できる人

・途中でやめることができない

→あきらめずに出来るまで何度も挑戦し続けることができる人

 完成させたい、達成させたいが強い。

 特定の場面で高い持久力を発揮できる。

・完璧主義でこだわり過ぎる

→品質がいい物や美しいものを作れる。

 職人には必要な資質。

 職人だけでなく正確性が求められる事や作る事、表現すること

 などにもたぶん必要な資質。

・夢中になるとやり続けてしまう

→好きじゃなかったらできない。好きな事が見つかっている人か

 好き嫌いがはっきりした人。

 それでいて好きな事を流されないで優先できる人。

     

こういう風に言い換えたら、、なんだかイイ感じ。

どんな場所にいればこの人は落ち着けるだろう?とか

どういう仕事についたらこのタイプは幸せなんだろう??

そういうことを友達や映画の登場人物を見るような目で

考えてみる。

切替えられないんじゃなく、

自分というキャラクターを演じ切っているんだけなんだと

思ってみる。

それで、、思う存分この役でやるぞ!と思ってみる。

この役は、キャラクターはどういうシーンで一番活躍できるかな。

と考える。。

こういうことを考える時普段映画を見ていることや人と会話を

していることがとっても役に立つなあと思う。

いままで通り夜更かししちゃったり、時間の使い方も下手かも

しれないけど、、気持ちが楽。

もともと「得意」なほうのことをしているからだとおもう。

わたしは私をだれよりも上手に演じきることができる。

 

一つのことに没頭してしまう人がみる世界と

たくさんのことを同時に楽しめる人がみている世界はたぶん違う。

だけど多分、どちらもみたいと思う方を「自分で選んで」見てる。

でも、無意識だから自分で選んでることを忘れちゃう。

だから、ないものをほしいと思ってしまう。

 

もし切替え上手になって完璧主義でもなくなって

理想通りになった時を想像してみる。

他の事をわすれて夢中になるいつもの時間も

こんな風につくりたい!ってこだわって

全速力で追いかける楽しさもなくなって。。。

楽しいことやチャンスの数自体は増えるかもしれない。

でも一つ一つへの感情はいまより小さくなってしまう気がする。

こういうのが、本当にいいかな?と思ったときに

あまり面白くないなあと思った。

 

1人の人間に正反対の性質は共存できない。

切替えるの無理だから、「切替無理な人歓迎」なことや場所を

たくさん見つけたい。

少ないかもしれないけど。               

 

SMARTの法則?すぐやる自分になれる5つの質問

6月に入ってから、、

確実に進歩があったと思う事。

それは、、行動力=すぐやる力が少し

アップした事。

 

そのポイントとなったの

「SMARTの法則」

もしかしたら、、ご存知の方も

いらっしゃるかもしれませんが、、、。

 

私は思考、時間、空間を整理するための資格

「ライフオーガナイザー」の講座で

この法則を学びました。

 

SMARTの法則とは、、、、

英単語の頭文字をとったものです。

 

S・・・supecific  具体的である

M・・・measureble   計測可能

A・・・agreed upon  達成可能

R・・・realistic          現実的

T・・・timely             期限が明確

 

これらの単語の頭文字なのです、、、。

見ていて1つ思ったこと。

 

とても視覚的、具体的であることを重視

している。

「曖昧さ」「不明瞭」を排除している。

 

これって、、、ADHDの「視覚優位」「曖昧な表現」が苦手な部分や

「はっきり明確な線引きがわかる」と

安心できる特性にとても

マッチしている気がする。

 

ここ2週間、、やる気はあるのに、、

なぜかエンジンがかからなかったことに

ついて、、、

白紙にこの頭文字SMART

を書いてみてから。。

やろうとしていることは「SMART」に

やれそうかな?と考える癖がつきました。

 

ざっとでもいいので、

手順を立て(といっても1日単位だし目前)

作業をしてみました。

 

結果、、、、

・とてもエンジンがかかりやすい

・どこまでやればいいかわかりやすい

・達成可能な設定なので、、気が重くならない

・達成可能だからすぐに終わる→すごくやる気が出る

・達成できた自分に自信が持てる

 &その日1日気分がいい

・そういう日が連続すると、

 自分はどんなこともできると思える

 ※問題はやる気ではない。

 どう取り組むかが、

 自分で「見える」ように組み立てれば

 もう半分終わったのと同じなんだ」と思える

 

と、、かなり良かったです。。

 

毎回紙に書くのも面倒だったので、、

いつも持ち歩いているバインダーに↓

 

 

 

 

 

 

 

クリアファイルで記入欄を切り抜き項目を油性ペンで書いたテンプレをつくり使ってます。

 

余談ですが、、

こういうメモバインダーいいですね!

ノートだと「どこに書くか?」とか

「続きがどうなるか?」

「どこに書いたっけ?」とか。

「書き間違えたり、

 イマイチまとまってなくても

 不要なページが存在し続けるもやもや感」

 があるのですが、、。それがない。

 

・いらない紙はすぐ捨てられる=

 頭、カバンがちらからない。

・1テーマごとに1つの内容を1枚の紙に

    書ける安心感

(曖昧さを排除できる、視覚的なシンプルさ)

=この紙にはこの内容という線引きが

    非常に使いやすい。やっぱりグレーは苦手。

・裏紙を利用するのでエコ

・思い付きを位置を気にせず書ける自由さ

・ノートと違って何種類もテーマが

 混在でき、必要なら紙1枚だけ持っていける

=もっていくノートどれ?がない!

↑これはかなりいい!ですね!

 

要らないかなーと思ってましたが、

とても気に入って毎日使ってます。

とても気に入ったので、、

メモ帳サイズを作りました!

※後日工作のカテゴリに載せたい!!

メモ帳サイズではこういうものがなかった!!

軽いし、、、とてもおすすめですよー。

特に、、通勤、通学の時間に勉強する人に、、

このサイズだと机がなくても勉強ができる。

 

 

・・話がだいぶそれてしまいました。。

 

【具体的にどうなったか?】

今まで→今日帰ってから1時間勉強しよう

    または、、今日は5ページやろう!

   →なぜか!!やらなかったり!!

   やらないってより、、も、、、

   始められない!といった感じ!!(笑)

 

after→

「S」(具体的)→

 今日「トランジスタ回路を2種類勉強する」

「M」(計測可)→

 基本の回路図を間違えず2回かけたらOK

「A」(達成可)→

 今日のゴールは2種類の回路を2回かける事

「R」(現実的)→この内容なら出来そうだ!

「T」(期限明確)→

    今日の晩御飯の前までか

    それが無理だったら22時までに。

※タイムリミットはダブルチャンスの方が

 達成率が上がります。

「?」→ 設定は、、OK??

SMARTですか??うん、大丈夫そうだ。

 

こんな風に、、

ものすごく具体的なものにかわれば。

やる事が手が届く内容だとわかる。

なぜなら、

どう手をつけるかがイメージが出来るから。

映像でそれをしている自分が「見える」から。

つまり「視覚化」できたということ。

それではじめて「できそうだ」と思える。

見えないものは「ない」

見えないことは「できない」から。

 

そうすると、、もうあとは、、

その先の「達成感」を予感できるので

取り組むことが出来る。

そして、、実際やってみると、、

「達成可能」「現実的」な設定なので

思いのほかあっさり終わる。

そうするとさらにモチベーションがあがり、、

「もっとやりたい」「もっと出来る」

「まだ時間がこんなにある」と思える幸せ。

 

【感想】

あらためて、、思ったことは。

やっぱりなにもかも

「見えない」=「ない、できない」という事!

それは物だけじゃない。

タスクであっても指示であってもそう!

人の指示や会話が曖昧だと理解が

難しいのと全然同じ!

自分自身が自分に与える指示であっても

明確でないと見えなくてできない。

「目に見えない物を見積もることが

とても苦手。そして、大体において多めに

見積もってしまいがち」

時間がそうであるように。

(まだ時間はあるOK←いつも勘違い!><)

 

タスクにかんしても、、、

必要以上に「多く見積もる」みたい。

 

タスクの実像がクリアにはっきりと

「見える」ということは。

取り掛かる姿がイメージできるという事。

「このペンと本で」

「この場所で」

「この時間に」

「このページから」

「ここまでやる」

「これをすると間違い、アウトです」

「これができたら今日はOKです。」

という風に1つ1つが明確ならできる!

見えていなければなにもかもが

思い通りにはならないという事を痛感!!

 

ちなみにSMARTの法則の頭文字

そのまま使うよりは、、

(タスクの設定に落とし込みづらいなー

という人は)この5項目もおすすめ。

 

※自分はいつもこの5項目で組み立ててます。

 人それぞれしっくりくる言葉がある

 と思います。

 

 

「what」何を。

「when」いつまでにorいつやりますか。

「use」 何を準備しますか?

「how」 どうやりますか? 

     ステップを5つくらいに分けると?

「goal」 何をすれば今日のゴールですか?

 

ちょっとわかりづらくなっちゃいましたが、、

この5項目を書いていくときに「SMART」か??どうか??

を意識して書いていきます。

そうすると、

自然と取り掛かりやすいタスクになっている!

 

とくに、、、

「USE」をいれるのが私は気にいって、、

というか欠かせない。

なにか取り掛かるとき、、

何を準備すればいいのか??

こういう些細なことに躓きやすい。

分かっていると、、

本当に取り掛かりやすさがグン!とアップ。

必要なものを並べるだけで

取り掛かれたりする。

 

めんどくさいかもって思ってたけど、、

苦手な段取り、手順の認識の練習になるし。。

いいかなーと思っています。

何が違うのかわからない!!

たまに、ある!!

朝からすごく「落ち着いてる」と

はっきりわかる日が!!

字がキレイ!

時間がゆっくり流れる!

考えがまとまっている!

焦らないからかえって色々な事ができる!

余裕がある!

動作が丁寧!で静か

人の話が落ち着いて聞ける!

ほどほどができる!

 

そのたびに思う!

何故今日はこんなに落ち着いているんだ!

毎日こうだったらいいのに!!

でも、やっぱりわからずに1日が終わる。

いつか根拠を見つけたいとそのたびに思う。

ただ記録を取るだけじゃダメ。

意味ないわけじゃない。視覚化はできるから。

でも、、それだと断片的で、、

データ(統計、分析)にはならない。

ある程度のデータがないと分析はできない。

何も傾向がつかめない。

いろんな要素を数値化もしくはグラフ化

しないときっとダメなんだと思う。

数値より、グラフの方が視覚的だから

グラフをつくりたい。

でも項目が多すぎて、、迷ってしまって

取り掛かれないでいる。