SHIINBLOG

プロジェクトadhd ノビ子の挑戦

ADHDでも社会で上手に生きるために色々なアイデアをひたすら試すブログ。ADHDの有益な情報交換の場になればいいなと思います。昨日よりもうまくいく1日に!http://www.adhd-world.com ご連絡はこちらまで!nobinobiko2@gmail.com

障害者雇用3週間の感想

【良い点】

 

①自分の特性を隠さないでいい=

 無駄な労力がいらないから本当に楽

 いろんな工夫や、状態を維持するための

 手段を隠さないでいい。

②大きい企業で働ける=福利厚生が手厚い

 タイムバランスが良い確率が高い

 結果的に続けられる確率が高く安定度は高め。

(雇用率の関係から大体は

 大手企業に就職することになるから)

③仕事の内容について色々変えてもらえるかも

 (会社によるけど)

 一般雇用に比べすこし融通が利く印象がある。

④仕事の継続率は高いと感じる

 特性を相談できる、勤務時間や業務量、

 内容の調整ができる可能性有るから

 

【微妙な点】

①その企業で自分と同じ障害の人間がいないと

 若干のプレッシャーがある

(なんとなくその障害の代表者、

 パイオニアっぽくなるから。。)

②給与が一般よりも安いこと。

 あとは、契約な事←ほとんど8割以上契約!

 これが一番大!

 (雇う側の不安もわからなくないですが!)

③正社員や一般雇用との壁は正直いつも感じる。

 (例えば、、仕事の内容が若干簡単だったり、

  契約の為福利厚生が微妙に違っていたりすると)→だから、、

 ステップアップしたい人は自分で勉強を

 続けることをオススメ(技術職とか特に)

 会社によると思いますが、、、

 会社で身につくスキルより自分で

 取る資格の方が信頼できそうだと思う最近!

(一般でも同じかもですが少し度合いが

 違う気がします)

 会社は配慮してくれたり人数合わせの為、

 簡単な仕事をふってくることも多く

 そこで何かを得ようという心構えだと先々で

 躓くだろうと感じました。

 

障害者雇用で大手のIT会社で働き始めて1か月弱。

感じたメリット、デメリットを簡単に書きました。

 

働きやすさに関しては◎

本当に働きやすいです。

 

でも、結局自分次第だなと思います。

一般でも、、

障害者雇用でもつまるところは自分のスキル

経験が大事という当たり前の事を感じてます。

(というより自分がここで必要とされるかどう??

 かという事は一般雇用の時の100倍感じています)

 

障害者雇用は「続けられる確率が高まる」けど

「一般雇用との差」は日々感じています。

これが正直な感想です。

 

じゃあかといって障害者雇用はいやなのか。

そんなことは全然ありません。

障害者雇用でよかったと心底思っています。

なぜって障害者雇用でなければ、、

働くことが難しかったから。

(視覚過敏でサングラスをかけないと

 体調が維持できなかったから)

 

はっきりとした、一般雇用が無理な理由があるなら

障害者雇用は、非常に現実的で前向きな手段だと

思います。長い目で見て間違いがないと感じます。

 

障害者雇用に迷ってる人がいるなら一般雇用できつかったこと、無理だったことを一度紙に書いてみる事をおすすめします。

 

そしてできればそれを主治医や自分以外の人に見てもらい意見をもらえると冷静に分析できるかも

しれません!

 

私の場合は、、家族から

障害者雇用にして本当によかったね」と

言われました。

それは周囲からみて明らかに

「この人は一般雇用では難しいんでは」という

共通の認識があったためだと思われます。

 

一般雇用でうまくいかないのか、

それとも「今の会社だから」なのか

その辺は自分も散々まよったポイントでしたが!

 

しかし度重なる転職回数とその理由←理由!!!

を顧みたときに一般だから無理だったという

事があまりに多かったです。

 

やはり、、

障害者雇用でなければむずかしいことが 

 一体何か?どうすれば大丈夫なのか?

②その手段は一般雇用でも通用するのか

 しないのか?の分析。

 

この2つの質問が

一般と障害者雇用を見極める決め手でした。

 

 

 

先延ばしができてこそ時間上手?

片づけたり、、しまったり、探したり、、

思い出したり。

毎日そういうことで時間が「漏れて」しまう><

 

たぶん

「すぐ忘れる」

「手に持った物を最後のステップまで完了しない」

「置き場所がない、、というか決められない」

そういう色々な理由があるんだろうけど。

 

とにかくいつもそういうことで時間が奪われて

ときどきあまりにも「記憶にない事」が多いと

苛立ちも募る。

 

だけど、、最近とある動画をみてすくなくとも

「書類、情報の整理」は人に「どう?」って

みせられるくらい!

しかも自分でもうっとりするくらいに美しく!

 

そして毎日の片づけや細々した事に

とられる時間も減った。

ちょっとしたことだけど、私の生活の中では結構な変化だった。

 

きっかけとなったのは動画。

Linkdinというビジネス向けの

ソーシャルネットワークサービスの中に

ラーニング」という動画コンテンツがあり

そこでみつけた。

その動画は「思考の整理」や「空間の整理」や

「時間の活用」について独自のアイデア

のべていてとても面白かった。

 

イデアを紹介している外国人の彼(デイブさん)

(たぶん、アクセントからアメリカの人かな)は、、本人が重度のADHDだと診断され、

子供が生まれるのを機に一念発起。

秩序のない生活から脱するために変わり、

カオスマスター(整理、秩序が苦手な人のこと)の為のビジネスコンサルタントとして今では

活躍してるようです。

ADHDとわかる前は転職の嵐だったとか。。)

※ちなみに反対はフォーカスマスター

(集中の達人)らしい。

↑こうなりたいものですね!

 

なんでかな。

やっぱりADHDの人が作ったアイデア

コンテンツだから、、

実践してみてすごくしっくりくるとまず思った。

ある意味ストイックなんだけど。

(そのストイックさもまたのめり込みやすい

 ADHDらしいストイックさ)

一回実践してみるとそのわかりやすさ、

視覚的センス、迷いを生まないメソッドに

対しとても納得できる。

これだったら続けやすいと感じられる。

 

興味がある人はぜひ見てみてね。

リンクドインは日本ではあまりはやってませんが。

フェイスブックのビジネス版といった感じです。

無料体験のうちにやめてしまえば

お金はかからないです。

 ビジネスとはいってもメルアドとパスワード

さえあれば大丈夫。

無料体験でいろんな「ラーニング動画」がみれる

ので気軽にのぞけます。

(ワードやエクセル、パワポやコミュニケーション、聞く力、上司とうまくやる方法、プレゼン、

マネジメント、いろんな仕事に役立ちそうな動画があります)

 

今回Daveさんの動画の中ですぐ出来てしかも

効果あったのは。

それは、、「集積ポイント」という概念です。

なにかっていうと。

 

毎日生じる様々な「書類」とか

「片付かないもの」「きになるあれこれ」が

大切な時間を奪っている。

だから、、、、

「そういうの」はまとめて特定の箱にいれちゃえ。

 週1回とかで片づければいいんだ!っていう

り方です。

 

つまり、、

「意図的に先延ばしする仕組みをつくろう!」

めちゃくちゃ平たくいうとそんな感じですが、、。

 

やってみると確かに、、

「これどこに置こうかな」とか

「あーこれきになるな」とか

(置きっぱなしのケーブルとか、

文房具とかどうでもいいことばっかり)

そんなことで

「本当にやるべきことの時間が少しずつ

削られていた!」と気づけます。

 

この「集積」という概念を導入してから

そういうことにさよならできて

毎日が「すっきり」した!と感じます。

(お金いらず手間がないのですぐできた)

先延ばしにしてるのに、物

を放っているのに時間が生まれている。

面倒臭がりにむいているシステム!

意図的に、「あえて」「わざと」やるなら。

先伸ばせる能力って強力なタイムマネジメント

になりうるのかと!

 

「やらなくていいことをしない」

この発想は多くの人が持っています。

いろんな本にも出てきますね。

でも、、やらなきゃいけないことってあって。。

だけど、、、今じゃないとしたら?!どうする?

こういう具体的じゃない事を考えるのって

苦手だったり、忘れてしまったりしますが。。

この「集積」という発想&忘れない為の工夫って

意外と他には、なかったと思うのです。

 

デイブさんの動画のいいところは

「積極的に先延ばし」とか

「積極的にほおって置いたり」をするところ!

先延ばしする人たちが

これならできるなーって思える所。

 

良かったら、、ぜひ見てみてください↓

https://www.linkedin.com/

メンバー登録してから、、

「Dave crenshaw」で検索すると出てきます!

 ↑コンテンツの制作者名で検索

 

「集積ボックス」というアイデア以外にも。

増え続ける書類の整理

なんてこともすごく明確な

イデアを提供されています。

 

ちなみに、、、。

私はこの書類整理のアイデアが一番

自分の生活には役立ちました。

家族からもいいね。変わったね。と

言ってもらえるくらいに。

苦手な事務的処理、書類整理のストレスが

本当に半減した感じ。

簡単なアイデアなのになぜ思いつかなかったのか!!といった感じです。

 

動画で紹介されているメソッドは。

・情報の整理方法

・思考の整理方法

・時間の有効活用

・集中する方法

・物に振り回されない方法

等が紹介されてます。

 

全体的な感想として。。。

やっぱりアメリカやイギリスは進んでいますね。

 イギリスに至っては、、、

発達障害者が安心して買い物できるように

お店が「電気を消す時間帯」まであるらしい(驚

そしてデザイン学校には多くの「アーレン症候群」の人がいるらしい。

視覚過敏の人間からするとうらやましい限り。

日本もはやく追いつくといいなあ

だけど、、そんな日本の

「発達障碍者への理解を深めるチャンスは

ほかならぬ当事者自身がもっている気がする

そんなことを思う今日この頃です。

f:id:nobiko-adhd:20190119225154j:plain

変ったキャビネットの中!

 

 

3分で出来る!ipad視覚過敏対策!

今回は、、

この白い画面を↓

f:id:nobiko-adhd:20190103214247p:plain

こんな風にする↓方法を紹介します。

対象はiPadiPhoneなど。

(カラーフィルター機能を設定する)

f:id:nobiko-adhd:20190103235946j:plain



【カラーフィルターの設定のやり方】

①設定→「一般」から

アクセシビリティ」をひらく↓

f:id:nobiko-adhd:20190103220403j:plain

②次に「ディスプレイ調整」をタップする↓

f:id:nobiko-adhd:20190103220439j:plain

③↓画面になったら、、「色合い」をタップ

f:id:nobiko-adhd:20190103220534j:plain

④スクロールで色の濃さ(強さ)と

色の種類(色相)を好みにする

※色相は左へいくほど青っぽく

 右へいくほど赤みが増す

 

⑤設定が出来たら一つ前の画面にもどり

 カラーフィルターをオン

f:id:nobiko-adhd:20190103220644j:plain

すると、、、画面が

設定した色のフィルターがかかり白より見やすくなったかと思います。

 

が、、、、、これだけだと不便です。

(写真を撮るなど元の色で見たい時も結構ある)

「元の色の画面」と「カラーフィルター画面」をパッときりかえられるように、、

ショートカット設定をします。

 

【ショートカット設定のやり方】

①設定「一般」から「ショートカット」をタップ

f:id:nobiko-adhd:20190103220828j:plain

②「ホームボタンのトリプルクリック」

 という項目で「カラーフィルター」をタップし

 チェックをつければOK!↓

f:id:nobiko-adhd:20190103221158j:plain

【ショートカットで画面を切り替えてみる】

やり方①ホームボタンを3回タップする方法↓

f:id:nobiko-adhd:20190103221549j:plain

 

やり方②画面上をスワイプする方法↓

 ※この場合はスワイプして「人型アイコン」を

押せば「アクセシビリティのショートカット」

がでます。

「カラーフィルタ」をタップすればOKです↓

f:id:nobiko-adhd:20190103221333j:plain

 

質問などがございましたら、、

お気軽にコメント下さい!