SHIINBLOG

プロジェクトadhd ノビ子の挑戦

ADHDでも社会で上手に生きるために色々なアイデアをひたすら試すブログ。ADHDの有益な情報交換の場になればいいなと思います。昨日よりもうまくいく1日に!http://www.adhd-world.com ご連絡はこちらまで!nobinobiko2@gmail.com

仕事覚えない。どうせ忘れるから。

障がい者雇用3か月。

無事に無遅刻無欠勤(インフル除く)

コンサータのおかげかなと思う。

最近発見したこと。

それは「仕事は覚えない」ほうが

むしろ全然うまくいく。

なぜかというと、、、。

 

なんでもすぐに忘れてしまう特性がやっぱりある!!

→ 今までそれで何度も痛い目にあってきました。

  一度説明されたことをミスったり、手順が飛んだり。

 

 今の会社は覚えることがとても多く。

 覚えきれないと感じました。

 その時点でもう「覚えること=やらない」と決めました。

 なぜならこれは過去の記事にも書いてますが↓

 

  自分の記憶を一切信用してないからです。

 

 ただその代わり、、

 

 「教わった仕事は何でもとにかくマニュアルにする」と決定!

 しかも、そのマニュアルはとてもわかりやすく

 だれがみてもわかるようにつくるということだけ決めました。

 「覚える」から「記録する」へ努力の方向性を変更!

 

 

 その結果。

 ほかの方に仕事を教えてほしいと突然頼まれて、、

 内心ドキドキしたときに。

 かなりこのマニュアルが役立ちました。

 なぜかというと。

 自分が「明日にはなにもかも」忘れてもわかるよう

 書いたマニュアル

 =何も知らない人や今日入社した人が

  みてもわかるものになっていたからです。

 説明するとき、、実際大して覚えていなかったけど

 全然問題なかった。みればわかったから。

 

 そして何より、、、普段の自分の業務においても!

 「記憶」とちがって楽だしミスの確率がほとんど0に!

 逆にこれがないとできないという感じにはなって

 しまっているがとくにそれで不便は感じていない。

 

 そもそも変更があったり、何年も同じ内容というわけでない

 時点で「覚える」こと自体無意味では?と感じる。

 一生その会社にいるわけでもないのなら。

 

 仕事を覚えることは非常に大変なことです。

 次々とマルチタスクが求められたり、

 しかも新しい環境下ならなおのこと><

 たくさんのことを覚えることはとても大変

 (普通の人以上に!)

 新しい人の名前、部屋の場所、スケジュール、道順など、、。

 覚えることは純粋な仕事以外にも無数にあるし。

 覚え方とかが微妙に違っていたりするし。

 しかも同時に起きたり。

 なぜか覚えられることとそうでないことに

 ばらつきがあったりもする。

 集中力のコントロールで一杯になることだって多い。

 そんな中「覚える」ことを頑張る事は努力のわりに

 報われなかったなと思う(経験談!)

 ミスしたり、忘れたり、違ってたり。

 

 だから覚えることはしない。

 そのかわり

 「記録することでは誰よりも一番になろう」と思った。

 

 記録には何といってもMicrosoftOneNoteがおすすめです!

 OneNoteなら書いてるそばから勝手に保存!

 マーカーを引いたり、矢印をいれたり。

 画面をスニッピングツールで切り取って貼ったりできる。

 

 

 忘れっぽさが普通の人よりもかなり極端な自分の場合、

 「覚える」ことよりも「記録」することにフォーカスして

 はじめて努力が報われたと感じます。

 いろいろな仕事をしてきて、、、

 「何も覚えない」と決めた今のほうが

 かえってミスなくスピーディーに仕事ができて

 評価されている不思議。。??

 

 ADHDはもしかすると

 覚えるよりもレコードすることのほうが

 やっぱり得意なのかもしれないなと。

 なぜって、、やっぱり「曖昧」が苦手だから。

 短期記憶が弱いから。

 記憶はそれ自体がそもそも曖昧なもので。

 しかし、その曖昧さを苦手とする特性は

 いろいろな場面で(意外に仕事で?)長所になります。

 

 たとえば、、、、どういうことかというと。

 ほかの人がこんなこと一々書かなくていいやって

 思う事でもなんの疑問も感じずに書こうとする所とか。

 それは悪い言い方をすれば

 「優先順位がつけられない」なんて言い方をされてしまう。

 あるいは、、「あいつは要領がわるいよね」とか。

 だけど、、仕事をしてて結構な頻度で感じるのです。

 「こんなこと」と思うことにかぎって

 後から確認がたびたび生じてくる。

 だけど、、

 「こんなこと」と「みんな」が思うから、

 だれも覚えていなかったり、記録に残っていない。

 そういう時私たちのような「曖昧が苦手な人たち」は

 意外とそれを確認してたり記録してたりするかもしれない。

 

 何よりも

 「自分は何もかもすぐ忘れてしまう」という自覚は

 クオリティの高い記録や様々な工夫を作る原動力であり

 素質そのものであると感じます。

 

 普通の人でも忘れることってありますよね。

 そんなとき、私たちのようなかなり切迫した立場の人間が

 生み出した工夫は案外いいかもねと感じるのです。

 なぜって、、

「人一倍忘れてしまうから人たちがつくったから」です。

 そんな人たちが考えた工夫なら、

 普通の人にとっては「間違いない」でしょう。

 

 

 仕事で強みにできるADHDの特性は多分1人1人違うけど。

 ADHDの視点だからこそ気付ける仕事は

 確実にあると最近感じています。

?

飛び方を忘れたり、息が絶えたり、

何が楽しかったか忘れてしまうよりも

早く逃げなければいけない。

鳥に足かせをつけて飛ぶことを禁じる人や

魚を地上に引きずりあげて息をしろと

命じる人や

犬に尻尾を振るなと教える人から。

 

もしもそれが誰であっても、

例えばそれが、自分だったとしても。

 

こんなことは、

いつもどこかで起きているから。

いつも探している。

飛んでいきたい場所や息ができる場所や

楽しい事を。

文字を読むのが苦手!!

苦手です。

文字を読むことが、非常に。

学生の時から、そして今も。

1ページ全部が頭に入ってきます。

それで読み飛ばしてしまいます。

学生の時はテストで点数落としたり、

仕事だとミスしたり。

文字を追うのがいっぱいで内容を追う事が

難しかったり。

視覚過敏があるせいか白い紙は特にダメ。

プロジェクターの文字はぼやけてしまい視力はいいのに見えない。

白いプリントを読むとき。

すごく疲れる。目が痛い。光がささる感じ。

 

以前からipadの画面をカラーフィルターで

グリーンにしたりと。

極力「白」「明度の高い色」を避けてきた。

デジタルはそれでいいんです。だけど、、

アナログ。いわゆる「紙の文書」はなにもしてこなかったです。

しかし、以前から

「行の読み飛ばし」「反射が目にささる感覚」「見落とし」に悩んできました。

仕事でエクセル文書を扱うようになってから

処理するのにすごく

時間がかかってしまい困っていました。

 

自分なりに「緑色」があっていることもわかっていたので100円ショップでクリアファイル(緑色)を細工したりして紙の上に

置いてみたりもしました。

でも。

結果→イマイチ。あまり変わらなかった。

 

けれど、最近とても自分の仕事の能率、日常疲労軽減、過敏の軽減に繋がった安価なグッズがあるので紹介したい。↓

「魔法の定規」 made in イギリス

 

 これなら、、100均の材料で作れるんじゃないかなそう思いました。

これは視覚過敏をしっている友人からプレゼントされ使いました。

でも使ってみると全く違う。

元の感想とは違って。

微妙に色々考えられて作られていると思う。

まず、、色が多種多様。

パープルから緑、青、ピンク、と人によって

違う見え方をまるでオーダーメイドのごとく補えるラインナップ。

こういうのは、、

普段から「○○色」が見やすいと感じていてはっきりこの色!という

自覚のある視覚過敏の人にはとてもいいかもしれないと思った。

 

そして一番良かったポイントは

定規にはっきりと直線が1本ひいてある事。

たったこれだけのことなのですが、、、

私のように1ページがまるごと頭の中に入ってきて文字を追う事が苦手な人間にはこの線が画期的でありがたかった。

この線がなぜかとても見やすい。

これを使いだしてから、仕事

特にたくさんの文字や数字をあつかわなければいけない時)の能率が非常に上がった。

 

【オススメできる人】

①よく読みとばしをする人

②プリントをよんでいると混乱して内容が

 ぼやけてしまう人。

③白い背景や紙、書面をみていると痛い。

 疲れてしまう人。

④1ページが意図せず頭の中に全部

 入ってきてしまう人。

⑤細かな文字や、行、列等を扱っている人。

こんな人たちにお勧めです。

 

ちなみにこの定規をつくっているイギリス。

視覚過敏への理解がけっこう進んでいるという印象があります。

例えば

1、光が眩しい人の為、一部のお店が一定時間照明を落としていたり

2、デザイン学校には多くのアーレン症候群の生徒がいると校長がインタビューにこたえていたりと。

日本に比べ随分「視覚過敏」「アーレン」への理解がすすんでいると感じています。

だからこそこういった商品まだまだ

ありそうですね。

 

自分はこの定規をつかってよかったので、パソコンモニターに貼り付けるのも追加で購入しました。

まずは、、windows  やiPadのカラーフィルター設定で自分が何色

なら見やすいのかからはじめてみるのもいいかもです。

 

www.adhd-world.com