SHIINBLOG

プロジェクトadhd ノビ子の挑戦

ADHDでも社会で上手に生きるために色々なアイデアをひたすら試すブログ。ADHDの有益な情報交換の場になればいいなと思います。昨日よりもうまくいく1日に!http://www.adhd-world.com ご連絡はこちらまで!nobinobiko2@gmail.com

コンサータ服用半年 効果とデメリットまとめ

メリット 

・人とのアポイントが守れるようになった
・多少の困難があっても先延ばしにしなくなった
・自営業の開始。大変だが何とか頑張ろうと思えている
・服薬前は思いつかなかったアイデアが湧いてくる
・客観的になぜ失敗してしまうのかわかる。対策も練るようになった。
 →(以前だと訳がわからなかった)
・すぐに連絡を返せるようになった 

デメリット

・体重が3か月目よりさらに減少38kg
・耐性が生じている気がする
 →(時々出かける前に探し物であたふたする。何を鞄に入れればいいのか??)
 →(時間が知らずに過ぎていく感じがする)
 →(何をしようとしていたのかはっきりしないときがある)
 →(音楽をかけないと文章が書けない) 

いまだ改善されてない所

・やっぱり人の話を最後まで聞けない。
 →結論がわかったとたん気が急いてしまい悪いと思いながらもほかの事をやり始めてしまう。
・「時間がない」という感覚
・引出しやドアが閉められず怒られる
・資料作りでの誤字が多い
 →名刺代が・・(泣


最大で朝36mg、昼18mgまで増やした時もありましたが、、、
衝動性が収まっても注意力がガクンと下がってしまったりしたので
結局18mg×2で落ち着いています。

この量だと不十分なのでしょうが、、
体重減少の面から考えてもこれ以上増やす気はしません。

一番強く感じたのは「この薬は耐性が生じる」ということ
だから・・・

①耐性が生じないよう休みの日は飲まなくしたり、量を減らす
②生活がうまくいくためのアイデアを早く自分のものにする

半年経って感じた感想です。。
しかし、、飲むのをやめればおそらく何もできなくなることがわかっているので
服薬は続けます。

そしてもう1つわかったこと  アザ=バロメータ

増量した時や勝手に断薬すると(たとえ1日でも)足がアザだらけになってしまい
やっぱりダメなんだと感じました。

「自分にあった量をのんでいるときはアザができない」

ので或る意味バロメーターになっています。
(同じタイプの人いますかね???)