SHIINBLOG

プロジェクトadhd ノビ子の挑戦

ADHDでも社会で上手に生きるために色々なアイデアをひたすら試すブログ。ADHDの有益な情報交換の場になればいいなと思います。昨日よりもうまくいく1日に!http://www.adhd-world.com ご連絡はこちらまで!nobinobiko2@gmail.com

ADHDが伝わった言い方ベスト3!

ADHD

一つ一つの症状はだれでも当てはまるために

かえって伝わりにくいなって思う。

いつもそんな風に感じてます。

あるある!って言われると。

ちょっと違うんだけどねえ!っていつも思いつつ。

 

診断から2年が過ぎました。

いままで本当に「色々な」!

伝え方を「色々な」人にそれなりにしてきました。

そして、、至った結論。

 

ADHDは古いコンピューターに例えると 

              伝わりやすい」

以下、ADHDがなんとなくわかった!

と実際に言われた例を挙げてみます!

 

1「いつも一杯色んなウィンドウが開いてる」

自分の意志とは関係なく色々な事に気が散ってしまっている

状態をわかってもらえた。

いままで、唯一ちょっとわかったのは↑の例えと言って

もらえた(母に)

色んな事に自分の意志と関係なく

注意が行ってしまう状態の例えとして非常に使えました。

 

 2「同時にいろんな事をやろうとすると

   古いパソコンみたくフリーズします」

これはマルチタスクがダメなんですよ!ってことを

伝えたい時に使います。

あれ?古いパソコンと一緒!!じゃない?ってよく自分で

思うから。

例えば、、色々な指示を一気にされたら、、固まるか、

どれかを忘れてしまったりする。

あるいは、いつまでも終わらなかったりとか。。

パソコンのぐるぐるマーク、砂時計が目に浮かぶ。

頼むからひと段落ついた時とか、

もしくは書きとめたりしてから次の指示をしてほしい

っていつも思ってる。

 

3「自分の意志とは関係なく、1つの

  ウィンドウが突然勝手に最大化して、、

   他の事が全部見えなくなっちゃう。

    しかも閉じれないから困る。」

 

これは、、「過集中」とか。

マルチタスクが無理です」ってことを伝える時に使います。

どうしても自分の没頭しやすいことってありますよね。

そういう時は周囲の呼びかけが聞こえなかったりもします。

 

あとは、他にも、新しい環境に入ったら、

なんとなく日常でできないことが増えたりもします。

それは「新しい環境」に全部の注意が向いているから。

そういう時に、そういったことが伝わりにくいから。

こういう伝え方をします。

 

以上。。

今まで反響がよかった?!伝え方3つでした。

パソコンに例えると人に伝わりやすいのと、

色んなアイデアも浮かんできて面白いなと思いました。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村 病気ブログ 視知覚障害へ