SHIINBLOG

ADHD&アーレン症候群 ノビ子の挑戦

ADHDでもアーレン症候群でも社会で上手に生きるために色々なアイデアをひたすら試すブログ。有益な情報交換の場になればいいなと思います。昨日よりもうまくいく1日に!http://www.adhd-world.com ご連絡はこちらまで!nobinobiko2@gmail.com

後悔の多い人生

在宅勤務が続いている。

片づけをして箪笥の引き出しを1段片づけてみる。

要らなくなった過去のたくさんのレンズを捨てる。

アーレンレンズに出会うまで本当に大変だったなと振り返る。

捨てるうち心が軽くなる。

自分の不要な過去とも同時に決別できるからだろうか。

あるいは脳のメモリ容量を増やせるからかもしれない。

 

レンズを捨てながら、過去を振り返って

ふと、決断で後悔したことがあるかと考えてみる。

やったことで後悔したことは。

実はそんなにない。大したことない事が多かった。

やりもしない趣味の道具を買ってしまったとかそんなこと。

 

でもやらなくて後悔したことが結構多い。

・学校(義務教育)へろくに行かなかった

・あまりまともな仕事をしてこなかった

・もっと早くアーレンレンズをつくればよかった

・前職でもっと頑張ってみたかった

・もっと20代で恋愛すればよかった

・亡くなった父に連絡をとらなかった

 

こういう振り返りから、何を得ればいいのだろう??

 

やった後悔よりやらない後悔

 

よく聞く言葉だけどまずはそんな言葉がありきたりに浮かぶ。

と、同時に本当にそんなに簡単なことなの?と疑う。

色々穿った疑問がどうしても浮かんでくる。

 

疑問①

「その時は」どういう選択肢があったのか??と疑問。

あくまでも今じゃなくて「その時」はどうだったの?って事。

その時はそうできなかった自分とか

そうしなかったという決断が無視されていないか?という事や

障害とうまく共存できていなかったその時の自分が

まるでいなかったことにされていないか?という疑問。

 

疑問②

はたしてではそれをやっていたら幸せだったのか?ということ。

-この答えは誰にもわからない。

 

それらを考慮したうえでもう一度問いかける。

「後悔があるか??」

 

結局、後悔は半分あって半分なかった。

「今の自分」ならできるからBestの結果を想像してしまって後悔する。

一方で「当時の自分」には無理だったのがわかるから全く後悔がない。

 

後悔は色眼鏡。

未来の事は誰にも分からず自分の思い通りにはならない。

今の自分が今よりはるかに未熟な過去の自分を眺めるとき

後悔が存在しないほうが珍しいだろう。

例えばそれはテストの答えを散々見てから

これに〇をつけたらよかった等と考えるのによく似ている。

 

こうすればよかったとかああすればよかったとか思うのは多分

今の自分と昔の自分が同じ人間ではないから。

今だったらこうするのに。。という考えから生じてる。

私たちは自分でも気が付かないうちに変化している。

1年前の自分と今日の自分とか、

5年後の自分と今日の自分は絶対に同じじゃない。

こうすればよかったという「今の」願望と

「当時の」自分は全く釣り合っていない。

それなのに。

同じ人間だからといって無意識に比較してしまう。

こんなのは全然フェアじゃない。

人はどこまでも自分に都合のいい絵を描いてしまう。

後悔はあるかないかはどうでもよくて

するか?しないか?なんだと思う。

 

たくさんの後悔があっても

後悔しない人生を生きることは

今この瞬間からすぐできる。

直ちに理不尽な計算をやめたらいい。

あっても、しなくていい。

そういう選択がいつもそばにあると思い出す事は

後悔が多めな人生だった私をほんの少し勇気づける。

それは悪い事ではないし

逃げる事でもずるい事でも多分ない。

過去にすっきりと別れを告げ、

人は誰でも変わるという現実も受け入れて

今の自分を生きようと神経を傾けて集中してる。

ただそれだけのことだと思う。

 

ヘルプマークをつける理由

私がヘルプマークをつける理由。

席を譲ってもらう為でも配慮してもらう為でもない。

ただ気付いてもらうだけでいい。

こういう障害(アーレン症候群)があるという事。

医療用レンズやサングラスをかけて毎日を過ごす

障害者が街にたくさんいる事を知ってもらいたい。

虐められる子供や誤解される人が一人でも減ってほしい。

 

ヘルプマークをつけるかどうか迷った時期がある。

席ゆずってくださいって言ってるようで

自分の弱点を認めるようで最初は気が引けた。

しかし自分という枠を超えて考えてみる。

これをつけることにわずかながらも意味があるか。

 

障害者自身が変わらなければ、

積極的に発信しなければ

いつまでたっても世間の間違った理解や

無知が変わる事は多分ない。

 

健常者の障害に対するイメージや知識は

身近な障害者によってある程度つくられる。

私は友人に言われたことがある。

「あなたはADHDに見えないね。ADHDの人って

 貧乏ゆすりがひどかったけど全然そんなことないよね。」

些細な出来事の一つ一つに意味や印象があるのだと思う。

 

あらゆる言動、行動が発信となり

どこかで意味を持つ時が来ると信じる。

 

アーレン症候群 自覚症状(子供時代)

アーレン症候群の私が

子供時代を思い出して今思えば

そうだったかなという事。

 

・いつも部屋の電気を消して過ごしていた

 

・視力が悪くないのにメガネ等を掛けたがった

(多分フチで視覚を制限したかった)

 

・距離感がつかめない

 =球技が苦手、球をとらえられない

 =人とよくぶつかってしまう

 =自転車の運転が下手でよくぶつかる

 

・凹凸感が掴めない

 =階段でよくつまずく

 =手や足をぶつけいつも痣ができている

 

・左右がわからない

 

・カラーセロファンを覗きながら

  あちこち歩き回る(神経が休まる感じ)

 

・行を読み飛ばしテストで点を取りそこなう

 

・集合写真でいつも一人しかめっ面

 

・黒板にカラーチョークはすごく見えにくかった

 (部分部分が途切れるような見え方)

蛍光ペンが苦手だった

 

・運動会の白線がとても眩しかった

・教科書の一番飛び出たカーブの所の

  字がよく見えない

 (一番蛍光灯の光が当たるところ)

 

・小学校の時ツルツルのテスト用紙が眩しかった

・わら半紙の授業はおちついて文字が書けた

 

・疲れやすくいつもぐったりしていた

 =学校に通えなかった

 

・グラフをなんども間違えて書く

 =違ったところに点をうってしまう

・家庭科の裁縫がとても苦手

 =まっすぐに線をひいたり、縫う事ができない

・体操やダンスができない

 =動きをまねることがとても難しい

 

・階段で視線が混乱し躓きそうな感じがして怖い

(今でも時々。段の境目がわからなくなる感じ)

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村 病気ブログ 視知覚障害へ